宝島染工

宝島染工

昔ならではの染色技法や手作業を大切に。

天然染料100%、宝島染工

宝島染工

天然染料ならではの美しさ

福岡県にある宝島染工。化学染料が使用されるようになった十九世紀半ばまでは、全て天然染料で染め上げた物を着ていました。虫よけ・薬効、又は身分など実用性から装飾へと、染色技術は人から人へとつながれていきました。安価で便利な化学染料に比べ、今となっては貴重となってしまった藍など天然染料ならではの地味な様で鮮やかな彩度ある色。色を重ねる事によって出る色のとろみ、「侘びの味」の様な雰囲気は独特の物があると思います。そんな宝島染工の商品を今回わざわざでも取り扱うことになりました。

藍は空気に触れて初めて青くなる。

宝島染工

空気に触れた瞬間からどんどん青くなる

のどかな田園風景が広がる筑後平野のほぼ中央にある福岡県大木町に宝島染工は染工工場を構えています。そこに日本中、世界中から、感度の高いモノづくりをする人たちが宝島染工の染めを求めてやってきます。作り手たちの天然染料で染めるという表現は、想像をはるかに超え、見たことのない染、素材、感触を魅せてくれます。

どこから見てもかっこいい服。

宝島染工

左:180cm 右159cm

男女兼用で誰にでも似合う形の服。藍染や墨染め、草木染めで染められています。