KLIPPAN

KLIPPAN

130年を超える北欧スウェーデンの伝統と
デザインのコラボレーション

知られざる、ウールのお話

皆さんは自分たちが身につけているウールがどんなものか知っていますか?たくさんウールを作るには、たくさんの羊をいっぺんに飼います。劣悪な環境で育った羊には、たくさんの虫がつきます。なので、羊に殺虫剤をまくそうです。特に虫がわくお尻の部分は切ってしまうこともあるそうです。自分たちがよいと思って着ているウールが、そんな風に作られているなど全く私は知りませんでした。初めて教えてくださったのが、e-octの高橋社長。不勉強な自分が恥ずかしくなりました。

羊にも、つくり手にも
使い手にも優しい「KLIPPAN」

KLIPPAN

この温もりと優しさに触れてください

KLIPPAN(クリッパン)は、エコウールという認証を作り、殺虫剤を使わず育てられたニュージーランドの羊の毛だけを使い製品を作っています。スウェーデンの伝統技術を使ったウールブランケットにモダンデザインを取り込むことで、ブランケットのさらなる魅力を引き出し、今や大人気ブランドとして国内外で知られています。そのブランケットが生まれたのは、今から20年ほど前でした。ウールの糸作りからスタートしたクリッパンのウールブランケットはスウェーデンでは知らない人はいないほど人気で、最近はオーガニックコットン100%のシュニール織りブランケットも注目されています。

オーガニックコットンが生まれた背景は、大量の農薬散布からの健康被害だったように、「買う人の幸せ」だけではく、「作る人の幸せ」を考えたトレーサビリティが必要です。

一生モノのブランケット

KLIPPAN

ラトビアで丁寧に作り上げました

ニュージーランド産のラムウール100%生地で作られたブランケットは、しっかりとした太さもあり、柔らかいのが特徴で、季節を問わず1年中重宝します。さらに丈夫で長持ちするのもポイントです。しっかりとした厚みがあり、さらっとしているので、春から夏の間はラグとしても使えます。多くの職人さんの手によって、ほつれや異常がないか一枚一枚丁寧な最終チェックを経て、ようやく1枚のブランケットが完成します。