焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

¥3,024円(税224円)

(残り8個)
購入数

境 道一(サカイ ミチカズ)

プロフィール)1975年、長野県須坂市生まれ。岡山県備前陶芸センターで学んだ後、備前焼作家 正宗悟氏に師事。1997年 長野県須坂市に穴窯築窯。香川・京都・岡山にて個展、グループ展を中心に作陶。2016年 香川県へ転居。築窯から再スタートし作陶を続けている。

道一さんは南蛮の焼き締めや粉引き、織部など様々な技法を用い、全ての作品を薪窯で焼成しています。板皿や酒器に見られるような豪快な気持ちのよい作品から、急須やポットの繊細な仕上がりまで、幅の広くおおらかな作品が並びます。食卓の雰囲気を一気に変える力のある作品です。

焼き締めの線紋湯呑み

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

ちょっと一息、気軽に飲める小ぶりサイズの湯呑み。

境道一さんの焼き締めの湯呑みです。焼き締めとは焼成して地肌を固めた焼き物で、釉薬をかけていないために、土の肌の柔らかさが手に取ったときにしっくりくるものが上等だと云われています。手作業ならではの独特のゆがみもまた魅力的。土の質感を感じられる作品です。

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

表面には細やかな線紋が施され、素朴で温かい雰囲気です。

境さんの作品は薪窯で焼成しているため、器を置く場所によって灰をかぶるなど独特の味わいがあります。丁寧な手作業で細部まで作られた作品は、ひとつひとつ柄や色味が微妙に異なり個体差があります。これもまた手作りの作品ならではの魅力です。

全て一点もの。お好きなものをお選びください。

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

左からA、B、C、D、E。

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

左からF、G、H、I、J。

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

重ねてもスッキリきれいに収まります。

器の表面にできる細かい亀裂のような模様を「貫入(かんにゅう)」といいます。窯で焼いたあと、冷えていく段階で釉薬が固まる際に起きる現象で、傷ではございません。独特の味わいとしてご理解をお願いいたします。

>>>境道一さんの作品、線紋の入っていない焼き締め湯呑みもございます。

発送についての注意事項

こちらの商品は陶器製品につき常温便もしくは冷蔵便のみの発送となります。冷凍品との同梱はできませんので予めご了承ください。他の商品と同梱をご希望の場合、同じ配送方法であれば同梱は可能です。詳しくはこちらから、同梱についてのQ&Aをご参照ください。

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一
材質:陶器
サイズ:直径約7〜7.7cm/高さ約7.3〜7.8cm
※サイズは商品により微妙に異なります

返品・交換についての注意事項

手作り品の為、ひとつひとつのサイズや風合いが微妙に異なります。お客様都合での返品、交換につきましては配送料をお客様のご負担でお願いいたします。未使用品であっても、大きさ、デザインもしくは色のイメージ違いによる返品・交換はお客様都合になります。ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により商品の色、素材感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

焼き締め 線紋 湯呑み 境道一

¥3,024円(税224円)

(残り8個)
購入数