うれしの茶 副島園

¥810円(税60円)

(残り17個)
購入数

家族一丸で無農薬・減農薬でお茶と向き合う「副島園」

うれしの茶 副島園

佐賀県嬉野は銘茶の産地。緑豊かな山間に美しく整備されたお茶畑が広がっています。

約500年の歴史がある九州の茶の産地、佐賀県嬉野。ここで家族一丸となって無農薬、減農薬のお茶づくりをされている副島園(そえじまえん)があります。現在4代目の当主、副島仁さんが切り盛りするのは標高300〜400mに位置する約3ヘクタールの茶畑。PH調整による土づくりから始まり、化学肥料を極力使わない方法で安全でおいしく健康的なお茶づくりを目指しています。

人と人をつなぐお茶をつくりたい

うれしの茶 副島園

一家相伝、お茶とひたすら向き合ってきた。

1990年代、三代目当主の時代に無農薬・減農薬に切り替えようと試みはじめ、安心安全なお茶をお客様に直販する方法を徐々に進めてきました。茶の選別や基準を自分たちで決め、そのお茶の味をお客様に直接伝えたい。現在では全て直販となり、旅館、飲食店、ドイツへの輸出など多くの人々に愛飲されています。

お茶は、人々の日常・非日常分け隔てなく心身に寄り添えるもの、末永く人と人をつなぐものであって欲しいと願いながら、今日も一家相伝のお茶づくりを続けています。

とっておきの3種類

うれしの茶 副島園

左から 烏龍茶、朝露、白折。

そんな副島園から店主ヒラタが選んだ3種類のお茶が入荷しました。半発酵茶の烏龍茶と、朝露、白折の煎茶2種類です。

無農薬茶葉、一番摘みの烏龍茶

うれしの茶 副島園

香りを楽しむお茶、烏龍茶。

うれしの茶 副島園

烏龍(ウーロン)とは烏(カラス)の羽のように黒くて龍のようにねじれた茶葉が由来とも言われています。

こちらは無農薬の茶葉で作られた烏龍茶です。紅茶が発酵茶、緑茶が無発酵茶という中で、烏龍茶は中間に位置する半発酵茶。発酵度合が15%〜80%のものを烏龍茶と言いますが、その発酵の塩梅を決めるのは加工農家の腕の見せどころ。一般的な烏龍茶と比べ、優しい風味と豊かな香りが特徴の烏龍茶です。

特上くき茶の白折

うれしの茶 副島園

淡い色味で爽やかな味と香り。

うれしの茶 副島園

茶葉の中に茎の部分が含まれています。

農薬と化学肥料を限界まで減らして栽培された茶葉の茎の部分を使用した煎茶。水色(すいしょく)は葉だけのお茶に比べて淡い色味、爽やかな味と香りがあります。アミノ酸が多く含まれている部位であるため旨みが強いのも特徴。お出汁のような通好みの香りが楽しめる緑茶です。

無農薬・無化学肥料の朝露

うれしの茶 副島園

色、香りともにバランスのとれた上質な煎茶。

うれしの茶 副島園

茶葉の色も鮮やかで美しい。

高冷地の茶畑で無農薬・無化学肥料で栽培された茶葉を使った朝露。茶の色、甘み、香り、茶葉の形状ともにバランスのとれた上質な緑茶で、来客時のおもてなしや贈答用にもおススメです。

お茶を淹れる時間は誰かを思うやさしいひととき

お茶まわり お茶の道具 茶道具

家族や友人が集まったら、おいしいお茶を淹れたくなります。大切なお客様がいらした時、一人心静かに過ごす時、おいしいお菓子がある時もやはりお茶を淹れたくなります。お茶のある風景とはいつでも和やかで心が穏やかになるひととき。そしてそこには淹れる相手に対する思いやりの心が存在します。誰かのためにお茶を淹れる行為、それは「もてなし」の表現そのものなのです。

さあ、お茶を淹れましょう。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

とっておきのお茶請けとご一緒に。

おいしいお茶を淹れる極意。それは茶器を温めること、そして淹れるお湯の温度です。使う茶葉によって、淹れるお湯の最適な温度は変わります。一般的に、烏龍茶には沸かしたての熱湯、煎茶には75℃〜80℃のお湯が最適と言われています。そして最後の一滴まで注ぎきること。この一滴は「ゴールデンドロップ」といい、お茶のうま味成分がたくさん詰まっています。これで2煎目もおいしくいただけますよ。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

今回は烏龍茶を淹れてみましょう。最初に急須、茶海、汲出しを温めておきます。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

急須に茶葉を入れます。東屋の急須は平急須丸急須の2種類ございます。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

1回4gが目安です。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

急須にお湯を注ぎます。烏龍茶には沸かしたての熱湯を使います。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

お茶の葉が開くまで蒸らします。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

お茶の濃さを均一に等分するため、茶海に注ぎます。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

うま味が詰まった最後の一滴、「ゴールデンドロップ」。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

茶海から汲出しへ等分に注ぎます。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

さあ、どうぞ。

うれしの茶 副島園 烏龍茶

お気に入りの道具とともに、豊かなお茶のひとときを。

>>>煎茶のおいしい淹れかたと、わざわざで取扱いのお茶周りの道具たちをご紹介しています。こちらのページからご覧ください。

時には自分のために淹れてみる

お茶周り 烏龍茶 うれしの茶

「自分のためだけの時間」を味わう。

時には自分のために丁寧にお茶を淹れてみてはいかがでしょう。自分のためだけの穏やかな時間を味わう。からだと心がリフレッシュするひとつの方法です。

うれしの茶 副島園

商品名:烏龍茶(無農薬・無化学肥料)
内容量:30g

商品名:白折(減農薬・減化学肥料のくき茶)
内容量:200g

商品名:あさつゆ(無農薬・無化学肥料の緑茶)
内容量:100g

生産:佐賀県
賞味期限:製造日より約1年
保存方法:開封前は直射日光を避け冷暗所にて保存、開封後は湿気に注意しお早目にお召し上がりください。

※賞味期限まで1ヶ月以内に近づいているものは販売いたしません。

うれしの茶 副島園

¥810円(税60円)

(残り17個)
購入数