くるみガラス そば猪口 ガラス工房 橙

¥2,700円(税200円)

(在庫 1 )
購入数

長野県東御市海野宿の
吹きガラス工房 橙

長長野県東御市の海野宿にあるガラス工房 橙(だいだい)さんの吹きガラスの作品です。寺西将樹さん、真紀子さんご夫妻で営まれています。わざわざでは、東御市特産品でもある胡桃を使ったくるみガラスの商品を中心に取り扱っております。

淡い緑はくるみの色

ガラス工房橙 くるみガラス

わざわざで取り扱っている橙さんの硝子の器を光にかざすと、かすかに淡い緑色をしています。これはくるみガラス。東御市特産の胡桃の殻を燃やした灰をガラスの原料とまぜ、溶かして使うと懐かしい淡い緑の色になります。ガラス工房オリジナルの作品です。

夏、そうめん、蕎麦猪口!

ガラス工房橙 蕎麦猪口

夏のご馳走。そうめんと揚げたててんぷら。わざわざの賄い風景より。

普段は水を飲むグラスとして使ってます。時々ワインも飲んだり。だけど、やっぱりそうめんの麺つゆを入れるのが一番かもしれないなぁと思います。夏になるたびに、いつもの水飲みから昇格して麺つゆを入れて、ここぞとばかりの晴れ舞台。もしかしたら、蕎麦猪口も夏を心待ちにしてるんじゃないかと最近思うわけです。

手作り品の為、ひとつひとつが微妙に違います。ご了承くださいますようお願いいたします。


ガラス工房 橙 そば猪口
サイズ:底面直径5.5cm×高さ6.5cm×口(外径)7.2cm
素材:ガラス

手作り品の為、ひとつひとつが微妙に違います。ご了承くださいますようお願いいたします。

くるみガラス そば猪口 ガラス工房 橙

¥2,700円(税200円)