松山油脂

松山油脂

「自分が使いたい」「自分が作った」
と言える製品づくりを。

伝統の製法と素材選びで、環境から使う人の安心まで。

松山油脂

ものづくりの町・墨田区と大自然に囲まれた富士山麓に工場を構える松山油脂。戦後間もなくから石けんを作り始めたこの会社は、日常品に求められる品質を安全性・環境性・有用性のバランスだと考え、使っていて心地よい製品づくりを心がけています。

松山油脂のこの姿勢はわざわざが提案している、考える消費と通じるところがあります。 「使い心地がいいから」「よく汚れが落ちるから」そういった機能面だけではなく、その商品がどのように生まれ、どのように還っていくのか、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。