コーヒーポット 東屋

¥19,800円

(残り 0 )

最終更新日>2020/07/24文責>タケウチ 写真>ワカナ

国内の手工業者と日用品を制作している東屋(あづまや)。

日本の素材と技術を活かし、細部にまでこだわったクオリティの高い商品を生み出している東屋(あづまや)。東屋の商品は改めて日本の技術の素晴らしさを伝えてくれると共に、現代の生活に 違和感なくとけ込み、時が経つにつれ味わい深くなる商品ばかりです。デザイナーの猿山修さんとコラボレーションした作品群も魅力的で、デザインと様式美が溶け込んだ、どれも愛着を持って末永く使えるような商品を作っています。

東屋 × 大坊珈琲店の
コーヒーポット

東京は表参道で38年間もの間、真摯にコーヒーと向き合い続けた大坊珈琲店。2013年12月に店舗ビルの老朽化に伴いやむなく閉店しましたが、今でも大坊さんが淹れるコーヒーの味わいを懐かしむ声は絶えません。東屋のコーヒーポットとネルフィルターは、そんな大坊珈琲店の大坊勝次さん監修のもと制作されました。

コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店

ほどよいサイズで手に馴染む東屋のコーヒーポット。素材のステンレスが分厚いので、ドリップ中のお湯の温度が下がりにくいという特長があります。

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

ポットの蓋部分は蝶番の一体型

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

底面には東屋と大坊珈琲店の刻印

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

持ち手の優雅な曲線がモノとしての美しさを強調します

一杯のコーヒーを納得いくものにするため、道具も自分でカスタマイズしていた大坊さん。お店で使用していたものと寸分違わぬコーヒーポットとネルフィルターを、東屋を通じて日本の真摯な作り手たちが再現しました。東屋のコーヒーポットなら、より深いコーヒー探求をお楽しみいただけます。

好みの淹れ方を追求できる
繊細で絶妙な”注ぎ口”

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

最大の特徴はこの”注ぎ口”

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

一滴一滴を思いのまま注げます

東屋のコーヒーポットの最大の特徴は注ぎ口にあります。細く線を引くようにお湯が注げるように、また、一滴一滴落とせるように、注ぎ口を手作業で叩く加工を施しています。お湯の注ぎ方を自由自在にコントロールできるので、同じ豆でも淹れ方によって新しい味わいを発見できるでしょう。自分好みの味を追求したいストイックな珈琲探求者にも最適です。

最高の道具で
至福のコーヒータイムを

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

珈琲を注ぐ際に必要なフィルターも大切な相棒。同じく大坊珈琲店監修のネルフィルターは、繰り返し使っていくうちに、自分だけの色に染まっていきます。ペーパーフィルターとは少し違ったひとときを。

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

焦らずじっくりドリップして

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

お気に入りのカップとソーサーで飲む幸せ

“コーヒーポット ネルフィルター 東屋 大坊珈琲店”

一杯ずつ、自分のコーヒーへ仕上げてみませんか?

こんな最高の相棒を手に入れてしまったら、問touブレンドのコーヒー豆を休日にゆっくり淹れるのはいかがでしょう?最近は浅煎りや中煎りの軽めのコーヒーが好まれる傾向にありますが、問touブレンドは時代に反して深煎りです。深煎りというだけで苦いイメージがあるかもしれませんが、深みの中にも尖りなく毎日飲めるコーヒーに仕上げています。ご自宅で問touの味をお楽しみください。

コーヒーポット 東屋
素材:ステンレス
製造:三宝産業(新潟県燕市) 坂見工芸(東京都荒川区)
デザイン:大坊珈琲店
寸法:約W209×D100×H175mm
   口径約Φ64mm
重量:約490g

発送についての注意事項

こちらの商品は常温便、または冷蔵便でお送りできます。そのため冷凍品との同梱はできませんので、予めご了承ください。詳しくはこちらから、同梱についてのQ&Aをご参照ください。

返品・交換についての注意事項

お客様都合での返品、交換につきましては配送料をお客様のご負担でお願いいたします。未使用品であっても、大きさ、デザインもしくは色のイメージ違いによる返品・交換はお客様都合になります。ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により商品の色、素材感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

商品在庫についての注意事項

こちらの商品は、実店舗含む各店舗にて在庫を共有しております。そのため、ご注文のタイミングによっては他店舗との売り違いで在庫がご用意できない場合がございます。予めご了承くださいませ。(その際は別途メールにてご連絡いたします。)

店主のヒトコト

スタッフのタケウチです。こんな言い方は失礼かもしれませんが、「ただコーヒーをドリップするためだけ」のために、ここまで想いを込めて手作りされているコーヒーポットを僕は見たことがありません。実際に持ってみると見た目よりも軽くて手に馴染みます。一滴一滴をコントロールしやすいのですが、実際にやってみると思った以上に集中を強いられます。ドリップのペースを気遣いながらネルフィルターを動かして、狙ったポイントにお湯を落とせるのがこんなに楽しいなんて知りませんでした。ハマりそうです!