木瓜角皿 東屋

¥2,750円

最終更新日>2020/09/25文責>タケウチ 写真>ワカナ

国内の手工業者と日用品を制作している東屋(あづまや)。

日本の素材と技術を活かし、細部にまでこだわったクオリティの高い商品を生み出している東屋(あづまや)。東屋の商品は改めて日本の技術の素晴らしさを伝えてくれると共に、現代の生活に 違和感なくとけ込み、時が経つにつれ味わい深くなる商品ばかりです。デザイナーの猿山修さんとコラボレーションした作品群も魅力的で、デザインと様式美が溶け込んだ、どれも愛着を持って末永く使えるような商品を作っています。

食卓の引き立て役、
木瓜角皿

東屋ご飯茶碗

左から:長角と正角。真っ白ではなく、すこし緑がかった石灰釉が透き通るような印象を与えます。

古物を元に作られた東屋の木瓜角皿(もっこうかくざら)。使い勝手がよく、毎日の食卓で活躍する角皿です。飾りっ気のないシンプルで品のある佇まいで、和食だろうと洋食だろうと料理を選ばずマルチに活躍します。少し深さもあるので、煮物のような汁気のある料理でも映えるでしょう。

東屋ご飯茶碗

少し深さもあり、そのまま重ねられるので収納しやすいのが嬉しい

東屋ご飯茶碗

角は丸みを帯びた主張しすぎない装飾が。控えめ、でも品がある。

東屋ご飯茶碗

かく、かく、まる、まる、まる。柔らかい曲線の角皿が食卓に調和をもたらします。

ご飯茶碗や汁椀など、基本的に丸い形の食器が多い食卓ですが、角皿がひとつあるだけで変化が出るので、実はひそかな引き立て役。重ねて収納できるので、限られた食器収納スペースを有効活用できるのも素晴らしい魅力です。

"とりあえず"使うべし

東屋ご飯茶碗

一番似合うのはやっぱり和食。ホッとする食事のひと時。

東屋ご飯茶碗

長角はだし巻き卵や1人分の煮魚などにどうぞ。おにぎりと漬物くらいなら、これひとつで事足ります。

東屋ご飯茶碗

正角は小鉢がわりに使用したり、お漬物を入れても。

東屋ご飯茶碗

サッと晩酌のおつまみを出すときにも。隙のない使い勝手。

極めてオーソドックスでとりあえず使ってしまう、そんな角皿。「とりあえず使う」というと悪いニュアンスに取られがちですが、変幻自在の活躍をするマルチプレイヤーだという証拠。手放しに安心して任せられる、かなり頼もしい角皿です。今日も明日も、”とりあえず”使いましょう。

木瓜角皿 | 東屋
素材:天草陶石、石灰釉
製造:白岳窯(長崎県波佐見町)
デザイン:猿山修
正角:W155×D155×H35mm / 330g
長角:W215×D120×H35mm / 400g
備考:電子レンジ可、食器洗浄機可

発送についての注意事項

こちらの商品は常温便、または冷蔵便でお送りできます。そのため冷凍品との同梱はできませんので、予めご了承ください。詳しくはこちらから、同梱についてのQ&Aをご参照ください。

商品在庫についての注意事項

こちらの商品は、各オンライン店舗間で在庫を共有しております。そのため、ご注文のタイミングによっては他店舗との売り違いで在庫がご用意できない場合がございます。予めご了承くださいませ。(その際は別途メールにてご連絡いたします。)