納豆 経木仕込み 古今小粒・安曇野大粒・北海道くろまめ 村田商店

¥183円 〜

(残り 24 )
購入数

最終更新日>2021/09/01 文責>ほそがや 写真>若菜紘之

良い食品づくりの会。

「良い食品づくりの会」は健康と美味しさを求めて消費者に安全で美味しい食品を提供する目的のために結成された会です。『良い食品の4条件・良い食品を作るための4原則』を基本理念に、商品研修や学識経験者を招いての勉強会、工場見学などを定期的に行っています。

村田商店は、良い食品づくりの会に生産者会員として加盟しています。

納豆で地域に道筋を創り続ける、村田商店

村田商店

昭和26年創業、三代にわたり長野県長野市で納豆をつくり続ける村田商店。納豆を通じて、一軒でも多くの農家を応援し未来へつなぐ”食料自給率の向上”に向けた活動の一端を担い、より多くの農家と共に歩んで道筋を創り続けてます。そのきっかけとなっているのは、近代に入ってからの価格競争や輸入大豆の遺伝子組み換えによる安全性の不安。おいしい納豆を作りたいという原点に立ち返ることを決め、品質を重視し、納豆本来の美味しさを追求した製品を世に示しています。

原点に立ち返った、村田商店の経木納豆

村田商店

納豆本来の美味しさを味わえてつい食べすぎてしまう、ごはん泥棒な一品。

かつては収穫を終えたお米のワラで、味噌作り用に煮た大豆を包んで作られたという納豆。それは冬の風物詩でした。いつしか納豆は、大量につくって安く売るというやり方が一般的になってきました。村田商店では、納豆そのものを見直し、農家とのつながりを大切にしながら原料を重視し、煮た大豆に納豆菌をかけて経木に包み発酵させる、といったシンプルな製法での納豆作りに取り組んでいます。

経木納豆って?

村田商店

薄い木の皮に納豆を包んだ経木納豆。(写真は古今納豆小粒)

あまり聞き慣れしない、経木納豆(きょうぎなっとう)とは、経木という薄い木の皮に納豆を包んで発酵させた納豆のことです。経木の松の木の香りが納豆に移るので芳ばしい良い香りがしますし、松は昔から、菌の増殖を抑え、適度な通気性と保湿性にも優れていると言われています。村田商店では経木にもこだわり、長野県信州新町の山岸経木店さんのものを使用しています。

納豆作りは、発酵する段階に入るとあとは納豆菌に委ねる他ありません。発酵の進み具合は季節や天候、または大豆の状態などによって変わってきます。昔ながらの納豆作りに取り組み始めた当初は、昼夜を問わず1時間ごとに納豆の状態を観察して記録を続け、納豆菌が活発に働ける環境づくりに努め、今の製品に至ります。

大豆の良いところを味わう納豆。

古今納豆小粒 村田商店

左から、古今納豆小粒、安曇野大粒納豆、北海道くろまめ納豆。

村田商店では、長野県内の複数の農家を中心に、納豆づくりに最適な大豆の栽培のために特別栽培をお願いしています。それぞれ生産地で栽培された大豆には特色があり、それぞれ大豆の良いところを活かした納豆製品を取り揃えています。

村田商店ではタレやカラシを付けている納豆、付けていない納豆があり、この経木納豆には、タレ・カラシは付いておりません。というのも、村田商店を継いで3代目になる村田滋さんいわく、家の食卓にあった醤油が一番しっくりきたからだそう。どの製品もそのまま食べてもおいしいですし、好みに合わせて醤油などの調味料を加えてお召し上がりください。

3種類からお選びください。

古今納豆小粒 村田商店

古今納豆小粒

長野県の中信農業試験場で研究、開発された納豆専用の小粒大豆すずろまんを使用した経木納豆。長年、化学肥料や農薬に頼り過ぎない農業を追求してきた松本市の「浜農場」と一緒になり、特別栽培(低農薬栽培)に取り組みました。

古今納豆小粒 村田商店

古今納豆小粒

すずろまんを原料につくられた古今納豆は、納豆本来の芳香の漂う黄金色に透き通った小粒の納豆になっています。強い糸引きは美味しい納豆であることの証拠です。 古今納豆小粒 村田商店

古今納豆小粒をほかほかのごはんに。

ごはんにかけて食べるのはもちろん、例えばそぼろ肉と和えてレタスや小松菜で巻いたり、サラダのトッピングのような感覚でさっぱり美味しくいただけます。

安曇野大粒納豆 村田商店

安曇野大粒納豆

安心と安全を掲げる浜農場で特別栽培された、長野県を代表する品種、大粒の大豆「ナカセンナリ」を経木で包んで発酵させた手づくりの納豆です。煮豆で食べても甘みたっぷりの大豆は高い発酵性を有し、糸引きが強く弾力のある大粒の納豆に仕上がります。

安曇野大粒納豆 村田商店

安曇野大粒納豆

刻んだ漬物や昆布の佃煮と和えてお好みでお醤油を垂らしてお召し上がりいただくのもおすすめ。大粒大豆の食感とやさしい塩気と相まって美味しさが広がります。

北海道くろまめ納豆 村田商店

北海道くろまめ納豆

十数種類ある黒大豆から厳選した函館産の晩生光黒を使用した、北海道くろまめ納豆は柔らかく豆の美味しさが存分に味わえますし、香ばしい香りがしますので、黒大豆を納豆にする価値が伝わる一品になっています。

北海道くろまめ納豆 村田商店

北海道くろまめ納豆

村田商店では、納豆食わず嫌いの方々からもご好評をいただいており、初めて納豆をいただく方に向けた入門用としてもおすすめしています。

そのまま食べても、アイデアレシピにも。

おろし

村田商店の納豆と、三高水産さんのとろとろわかめをあわせて、とろとろねばねば。

主役になるような村田商店の納豆。温かいごはんとお味噌汁とこの納豆があれば、旅館で食べるような幸せな朝食がすぐに食卓に並びます。これなら忙しい朝でも楽ちんです。

もちろんそのまま味わってみてほしい納豆ですが、他にもアイデアレシピを楽しめるのが納豆のいいところでしょう。

おろし

タレは付いていないので、酢屋茂のイマイ醤油をかけて好みの味に。

例えば食欲のない日や、時間がない時にもおすすめなのはとろとろネバネバレシピ。写真のように三高水産のとろとろわかめやとろろと合わせると、白いごはんがますますすすみます。お漬物を刻んでいれるのもおすすめ。そのまま食べてもおいしい納豆、その日の気分にあわせて様々な食べ方をお試しください。

いつでもどこでも、
どらいなっとう。

村田商店

大豆本来の味わいをそのまま、どらいなっとうもございます。

長野県松本市の浜農場で特別栽培された大豆を使用したどらいなっとうです。どらいなっとう専用の納豆作りから始まり、手間もコストもかかる正統派の真空凍結乾燥で時間をかけて作られます。サクッとした食感ながらにも、お口の中でしっかりと納豆本来のねっとり感を味わうことができます。

納豆 経木仕込み|村田商店

【古今納豆小粒】
  名称:納豆
  原材料名:大豆(長野県松本市産、遺伝子組み換えでない)、納豆菌
  内容量:80g
  保存方法:要冷蔵(-10℃以下)
  
【安曇野大粒納豆】
  名称:納豆
  原材料名:大豆(長野県松本市産、遺伝子組み換えでない)、納豆菌
  内容量:80g
  保存方法:要冷蔵(-10℃以下)

【北海道くろまめ納豆】
  名称:納豆
  原材料名:黒大豆(北海道函館産、遺伝子組み換えでない)、納豆菌
  内容量:80g
  保存方法:要冷蔵(-10℃以下)

  製造者:有限会社 村田商店(長野県長野市)
  わざわざ取扱開始年:2021年

  ※こちらの商品は、冷蔵便のみにて発送します。賞味期限は発送日より、発送日を含めて11日となっております。(賞味期限はお届けする商品に記載をしております。)予めご了承の上、到着後は冷蔵にて保管し、お早めにお召し上がりください。

発送についての注意事項

こちらの商品は冷蔵便のみでの発送となります。常温便・冷凍便不可の商品(書籍・木製品・瓶ものなど)との同梱はできません。詳しくはこちらから、同梱についてのQ&Aをご参照ください。

賞味期限は発送日より、発送日を含めて11日となっております。(賞味期限はお届けする商品に記載をしております。)予めご了承の上、到着後は冷蔵にて保管し、お早めにお召し上がりください。

商品在庫についての注意事項

こちらの商品は、各オンライン店舗間で在庫を共有しております。そのため、ご注文のタイミングによっては他店舗との売り違いで在庫がご用意できない場合がございます。予めご了承くださいませ。(その際は別途メールにてご連絡いたします。)

納豆 経木仕込み 古今小粒・安曇野大粒・北海道くろまめ 村田商店

¥183円 〜

(残り 24 )
購入数