鎚起銅器 カップ 漆仕上げ 大橋保隆

¥33,000円 〜

(残り 4 )
購入数

最終更新日>2022/02/23 文責>ほそがや 写真>若菜紘之

新潟県燕市の鎚起銅器職人
大橋保隆(オオハシ ヤスタカ)

鎚起銅器職人 大橋保隆

新潟県燕市にて、一枚の平らな銅板を金鎚で打ち起こし形を作る”鎚起銅器”職人の大橋保隆さん。江戸時代から伝わるその技は新潟県燕市で約200年の歴史を誇ります。大橋さんの父も鎚起職人で、鎚起銅器の伝統技術を200年に渡って継承する老舗企業”玉川堂"の六代目工場長でもありました。

その父の姿を見て育った原体験が、全てを手作業で打ち上げていく大橋さんの昔ながらの技法のこだわりにつながっています。現在はその技法を体験できるワークショップなどを開催しながら、想像力を育んでもらえる、自分で作り上げた道具への感情を知ってもらえるような活動も行なっています。作品の細部の細部まで打ち起こしたなめらかな手触りと鎚の表情を味わってみてください。

大橋保隆 プロフィール
昭和50年7月17日生まれ。父 正明さんの背中を見て育ち、保育園の頃からの夢は「父と同じ職人になること」。

10年の鎚起銅器修行期間を終え独立。平成19年より独自の製作を進め、生活道具である事を大切に、多くの魅力的な作品をつくりだしている。近年は、その技術を伝えるワークショップを開催するなど作品を製作する以外にも活躍の場を広げ、鎚起銅器の魅力を伝えている。

鎚起銅器(ついきどうき)

漆カップ 大橋保隆

鎚起銅器(ついきどうき)とは、一枚の銅の板を金鎚で叩き起こして器に仕上げていくもの。一枚の真っ平な銅を切り出すところから作業が始まり、叩いてはバーナーなどで焼き鈍し柔らかくしてまた叩くを繰り返して形にします。銅板を伸ばしていく製法ゆえに、鎚起銅器は材料をできるだけ無駄なく使えるような作りかたになっていると大橋さんは言います。

また大きな金鎚で叩いて成形をした後に、差が出た厚みを叩いて整えていく「均し」という作業を経て完成していく大橋さんの鎚起銅器は、飲み口が薄く口当たりがよいのも一つの特徴です。

漆カップ 大橋保隆

何度も何度も叩いて銅を打ち起こす「打ち起こし」、熱を加えて水につけることで柔らかくする「焼き鈍し(なまし)」の工程を、ひたすら繰り返します。その後器の口径を縮めていく「打ち絞り」や表面に錫を焼き付けて仕上がりの色合いを整える「金付け・金焼き」、表面の凹凸を整え美しく仕上げる「均し」といった工程を経て、言葉どおり途方も無い「手間」をかけて生まれる鎚起銅器。一枚の銅から形成されるため継ぎ目はなく、どこから見ても美しく堅牢な仕上がりです。もし使用する中で凹みや歪みが出てきたとしても修理ができるものでもあります。長く使ってほしい逸品です。

銅×漆が生む
深みのある表情

漆カップ 大橋保隆

写真左から、漆カップA、B、C、D。

大橋さんのこの作品は、鎚起銅器に漆を塗って仕上げられています。漆を塗ることで色艶に深みが増し、また保護を強くする効果があります。漆を塗るとひとことで言っても、透明な漆を塗り、その全部を拭き取り、窯の中に入れて焼き付けして定着させる過程がそこにあります。根気のいる一つ一つの作業から作り出される作品は、伝統技術を伝えながら現代の生活に寄り添った仕上がりです。

漆の仕上げは新潟県上越市の漆職人、飯塚直人さんにお願いし、職人おふたりの共作で完成している作品となります。

漆カップ 大橋保隆

鎚起銅器と漆が生む表情。

金鎚のひと打ちひと打ちから生まれる凸凹のある表情と、均しの工程を経て生まれる滑らかな手触り、仕上げに塗られた漆の一層深みのある艶。細やかな工程を幾度も重ねて作られた作品ですが、ぜひ日常の中で使い込んでほしいカップです。使い込むほどに味わい深く、また使う人の日常に溶け込み、愛着のあるカップに育っていきます。

銅は熱伝導率が良く、注いだ飲み物の冷たさや温かさがそのままうつわにも伝わり、冷たいものはそのまま冷たく、温かいものはそのまま温かく味わうことができます。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップA】
サイズ:口径約5.5cm 高さ:約4.6cm 深さ:約4.5cm 重さ:約60g

漆カップ 大橋保隆

【漆カップA】お猪口サイズで手の中にそっと納まります。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップA】漆を塗ることで生まれる色合いの奥深さ。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップB】
サイズ:口径約6.0cm 高さ:約5.0cm 深さ:約4.9cm 重さ:約70g

漆カップ 大橋保隆

【漆カップB】コロンと丸いフォルムがなんとも愛らしい。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップB】鎚起の凹凸と漆の艶感が丸いフォルムをより一層美しく見せてくれます。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップC】
サイズ:口径約7.2cm 高さ:約6.2cm 深さ:約6.1cm 重さ:約74g

漆カップの内こちらの【漆カップC】のみ、内側に錫をひいています。これは銅に表れる緑青が毒だと言われていた時代に、食品が触れる部分には錫鍍金か銀鍍金をひいてくださいとの指導があったそうで、その名残が今でも残っているとのこと。錫鍍金には「電気鍍金」と「手での鍍金」があり、大橋さんの作品は、手で錫鍍金をしています。どちらの方法にも良さがあり、大橋さんは手鍍金のほうがびっちりと銅の表面を覆うことがなく、銅の成分が出てきやすいと考えてこの方法を用いています。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップC】スッキリとシャープな印象のカップ。叩いて成形する鎚起銅器はまっすぐに形作るのも難しく、直線的なカップにも技術の高さを垣間見ることができます。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップC】重厚感を感じる仕上がりですが、重さは74g。使い勝手のよいカップです。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップD】
サイズ:口径約7.7cm 高さ:約6.6cm 深さ:約6.5cm 重さ:約114g

漆カップ 大橋保隆

【漆カップD】お酒やお茶、万能に使いやすいサイズ。

漆カップ 大橋保隆

【漆カップD】鎚起のひと打ちひと打ちが生む強い表情。漆の仕上げがさらに重厚感を与えています。

鎚起銅器 カップ 漆仕上げ|大橋保隆
材質:銅
サイズ:
【カップA】
口径約5.5cm 高さ:約4.6cm 深さ:約4.5cm 重さ:約60g

【カップB】
口径約6.0cm 高さ:約5.0cm 深さ:約4.9cm 重さ:約70g

【カップC】
口径約7.2cm 高さ:約6.2cm 深さ:約6.1cm 重さ:約74g

【カップD】
口径約7.7cm 高さ:約6.6cm 深さ:約6.5cm 重さ:約114g

製作:大橋保隆(新潟県燕市)
漆仕上げ:飯塚直人(新潟県上越市)
わざわざ取り扱い開始年:2022年

※寸法には計測方法により多少の誤差がある場合がございます。

発送についての注意事項

こちらの商品は常温便もしくは冷蔵便での発送となります。冷凍品との同梱はできませんので予めご了承ください。他の商品と同梱をご希望の場合、同じ配送方法であれば同梱可能です。詳しくはこちらから、同梱についてのQ&Aをご参照ください。

お手入れについての注意事項

・銅は耐食性のある素材ですが、水気や塩気、酸には敏感で、これらが付着したまま放置しているとサビの原因となります。

・使用後は柔らかなスポンジなどで洗い、ふきんなどで水気を拭き取っての保管をおすすめします。

・長時間使用しない場合は水気のない状態で、よく乾かしてから湿気の少ない場所で保管してください。湿気のある場所では緑青の発生や変色、サビなどが生じることがあります。

返品・交換についての注意事項

手作り品の為、ひとつひとつが微妙に違います。お客様都合での返品、交換につきましては配送料をお客様のご負担でお願いいたします。未使用品であっても、大きさ、デザインもしくは色のイメージ違いによる返品・交換はお客様都合になります。ご利用のブラウザ、モニターの性能、設定により商品の色、素材感等につきましては、 現物と若干の違いが出る場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

商品在庫についての注意事項

こちらの商品は、各オンライン店舗間で在庫を共有しております。そのため、ご注文のタイミングによっては他店舗との売り違いで在庫がご用意できない場合がございます。予めご了承くださいませ。(その際は別途メールにてご連絡いたします。)

鎚起銅器 カップ 漆仕上げ 大橋保隆

¥33,000円 〜