【4/29(土)】 よき生活研究所 グランドオープンイベント 参加ご予約ページ

¥5,500円

(残り 0 )

最終更新日>2023/04/25
文責>鈴木誠史 写真>若菜紘之

『よき生活研究所 グランドオープンイベント』
4月29日(土)開催します!!

わざわざの4店舗目となる「よき生活研究所」のオープンと、わざわざ代表 平田はる香の書籍「山の上のパン屋に人が集まるわけ」の出版を記念し、いつもわざわざをご利用くださっている大切なお客様とわざわざとご縁がある方をご招待し、「よき生活研究所」のお披露目と、お客様とゲストの交流を目的とした「よき生活研究所 グランドオープンイベント」を開催します。

本ページではイベント内容のご案内と、参加ご予約お申込みを承ります。あらかじめご予約に関する注意事項をお読みのうえ、お申込みをお願い申し上げます。

よき生活研究所
グランドオープンイベント
開催日時: 2023年4月29日(土)10:00〜18:30 会場: 『よき生活研究所』 長野県東御市下之城432-1(駐車場あり) ※当日は無料シャトルバスが運行します。 内容: ゲスト15名(予定)によるテーマ別のトークセッション7〜8本 フリードリンク・フリーフード 『よき生活研究所』出入り自由 参加費:5,500円(税込) ※当日参加は席に余裕がある場合のみ承ります。

よき生活研究所とは?

よき生活研究所は「仮想わざわざさんの家」です。わざわざさんは「わざわざ」でしかお買い物をしない人です。玄関からキッチン、ダイニング、リビング、ランドリールーム、書斎、寝室に至るまで、わざわざでお買い物したもので埋め尽くされています。

そこに訪れる人は、わざわざさんの家で好きなように過ごすことができます。ランドリールームに併設したコインランドリーで、好きな洗剤を使って洗濯したり、キッチンでお湯を沸かして日替わりのお茶を淹れたり、書斎で仕事をしたり読書をしたり、寝室のクローゼットから取り出した服を試着したりすることができるのです。

人は「もの」を購入する時に、それぞれに「よいもの」の価値基準を頭の中に浮かべて、様々なメーカーのものを比較検討し購入に至ります。使ってみなくてはわからないもの、高価で買うまでに勇気のいるものもありますが、買ってみなくては自分のお気に入りになるかわかりません。食べ物に関しては、食べてみてから口に合った合わないということがいつも起こり得るのです。

そんな買い物前の不安を「よき生活研究所」は解消します。

買う前に試してみたかった、買う前に十分吟味したい、買った後に修理をお願いしたい、お客様の不安や相談に向き合い、皆さんのよき生活を助けるような施設になりたいと考えています。

『よき生活研究所』基本情報
よき生活研究所は会員制施設です。1日券をご利用していただくか、1ヶ月パスをご購入していただき、入場していただきます。

「よき生活研究所グランドオープンイベント」の1日は特別営業で運営いたします。

【4/29(土)イベント開催日】
営業時間:
10:00〜18:00(9:00〜18:30まで開場)
ご利用料金:
5,500円(税込)/1日 ご予約制

【4/30(日)以降】
営業時間:
10:00-17:00

営業日:木〜月(定休日:火・水)
※5/1(月)は臨時休業日です。
※5/3(水)は特別営業いたします。
※5/14(日)・15(月)は臨時休業日です。

ご利用料金:
・3,000円(税込)/1日
※13時以降に入室する場合は
2,000円(税込)/1日

・30,000円(税込)/1ヶ月

※2歳以下のお子様は無料、小学生未満は半額です。

よき生活研究所グランドオープンイベントってどんなイベント?
豪華なトークセッションをご用意しました

わざわざとご縁の深い方々をゲストにお招きし、トークセッションを行います。


【オープニングトーク】
最初にわざわざ代表 平田はる香による、「よき生活研究所って何?」というオープニングトークで、よき生活研究所の全貌を明らかにします。

【トークセッション 
「女性で経営するってどういうことですか?」をテーマに、女性経営者である平田はる香と、同じく女性で取締役である、バリューブックス・鳥居希さんをトークゲストにお招きし、男性ゲストを交えてディスカッションします。

【トークセッション◆
「山の上のパン屋に人が集まるわけ」の出版に際して、一緒に制作したライターの土門蘭さん、編集者のあかしゆかさん、ライツ社の大塚啓志郎さん、サイボウズの高部哲男さん、装丁家の吉岡秀典さん、藤原印刷の藤原隆充さんをお招きし、「本作り。ここがうまくいった、ここがうまくいかなかった」について、トークセッションを行い、お客様を交えた座談会を開催します。

【トークセッション】
「追い風ではないこの時代に、工場を継いだ男たち」をテーマに、今回よき生活研究所のカーペットをいれてくださった、堀田カーペットの堀田将矢さんと、よき生活研究所のコインランドリーに使う洗剤をいれてくださった、木村石鹸の木村祥一郎さんをお招きし、ものづくりにフォーカスしたトークセッションを行います。

【トークセッションぁ
「長野移住、具合どうですか?」をテーマに、長野移住した平田と、長野にご縁の深いゲストをお招きし、移住についてのあれこれをお話します。

【トークセッションァ
「経営指南。平田さんもっとこうしたら伸びるよ」。中川政七商店の中川淳さんをお招きし、わざわざ平田が10年事業計画をプレゼンし、指導を受けるコンテンツです。

【アフタートーク】
全トークセッション終了後、最後まで時間の都合のつくゲストと、お客様で交流できる時間を設けます。


詳細なゲストと内容につきましては、後日しっかりとご紹介してまいります。お楽しみに!

※トークセッションの順番は前後する可能性がございます。

無料の巡回シャトルバスが運行します

イベント当日は、わざわざのあるエリアの最寄り駅である『しなの鉄道 田中駅』から、『よき生活研究所/わざマート』『パンと日用品の店 わざわざ』『問tou』を巡回するシャトルバスが2台運行します。

下記の注意事項をお読みの上、ご利用くださいますようお願いいたします。

これまで交通手段がなく、お店に訪れることができなかったお客様も、無料シャトルバスをご利用いただくことでわざわざ4店舗巡りをお楽しみいただけます。

2023/04/25追記
バス時刻表を公開しました。

しなの鉄道 田中駅を起点に、わざわざに向かって巡回する「わざわざ廻り号」と、問touに向かって巡る「問tou廻り号」が運行します。

よき生活研究所 オープンイベント よき生活研究所 オープンイベント
バスに関する注意事項
・田中駅にはわざわざスタッフがおりません。わからない場合は東御市観光情報ステーションにお尋ねください。

・時間はバス停を出発する時間です。

・お車でお越しの場合、よき生活研究所/わざマートの駐車場は台数に限りがございます。入れない場合、芸術むら公園の駐車場をご案内します。そこに停車して各店舗をシャトルバスで廻っていただくこともできます。

・芸術むら公園に駐車してシャトルバスに乗車していただく場合、9:00もしくは9:40の2本に乗車いただければ、イベント開始に間に合います。

・問tou 8:20発は、明神館に宿泊されているゲスト12名をよき生活研究所に送迎するためのバスとなります。席に空きがあれば乗車可能です。

・15:00台以降でまわろうとすると、営業時間内にまわれない可能性がございますのでお気を付けください。

・15:10のわざわざ廻り号に乗車すると、わざわざに15:30に到着します。その時刻がわざわざ最終便となりますので、わざわざで下りず、そのまま乗車して次のよき生活研究所・わざマートに行って下さい。

・わざわざの営業時間は9:30~16:00です。そのため、最終便が15:20・15:30となっております。これを逃すとわざわざにはバスが来ませんのでご注意ください。

・問touの営業時間は10:00~17:00です。17:00以降も問touに行く便がございますが、お店は営業終了しているためお店はご利用いただけません。芸術むら公園の駐車場に戻るためのバスとしてご利用いただきます。

24koujiya、ツバメコーヒー、KINOが1日出張店舗で出店!

よき生活研究所 オープンイベント

麹専門店・24koujiya

長野市で麹専門店を営む24koujiyaさん。問touのブレンドコーヒーでもおなじみ新潟県燕市のツバメコーヒーさん。そして、大人気「草譯」を手がけるKINOさん。

わざわざとご縁の深いこの3つのお店が、イベント当日、よき生活研究所&わざマート隣接エリアにお店を出店してくださいます!

よき生活研究所 オープンイベント

ツバメコーヒー

よき生活研究所 オープンイベント

「草譯」でおなじみKINO

こちらの1日出張店舗はよき生活研究所のチケットを購入いただかなくてもお買い物いただけます。こちらもぜひお楽しみに。みなさまのご来店をお待ちしております。(フリードリンク・フリーフードに含まれません)

平田はる香の書籍「山の上のパン屋に人が集まるわけ」出版記念

山の上のパン屋に人が集まるわけ 平田はる香

わざわざ代表 平田はる香、初の著書「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が、4月28日に出版されます。当日イベント会場で本をお買い求めいただけます。

  • 年間3万人以上が来店
  • 自費出版が9千部完売
  • 健やかに、年商3億円

都会でうまく生きられずに、長野の地へ。
1人の主婦が移動販売から始めた店は、なぜこんなにも支持されるのか?

●どこで売る?(どこでお金を稼ぐのか)
→ 駅前の立地がいい場所ではなく、公共交通機関のない山の上

●何を売る?(何をお金に変えるのか)
→ 菓子パンで太ったお客さまを見て、商品を食事パン2種類に

●誰に売る?(誰からお金をもらうのか)
→ テレビの特集で押し寄せた人に対して、「来ないでください」

うまく生きることよりも、健やかでいられる方法を。

心を犠牲にしてまで、守るべき「ふつう」なんてない。

  • パン屋が人間らしい生活をできないのはふつう
  • 売上を長時間労働でカバーするのはふつう
  • 利益を出すために人件費を削るのはふつう
  • お客さまに「NO」と言えないのはふつう
  • 成功のためにはヒエラルキーに従うのがふつう

そういった、生きる中でぶつかる自分の違和感に1つずつ向き合いながらつくってきたのが「わざわざ」です。

山の上のパン屋に人が集まってくださる理由は、もしかしたら「わざわざ」の正直すぎる姿勢にあるのかもしれません。

ご予約についての注意事項

・オンラインストアのシステム上、ヤマト運輸を選択してご予約ください。なお、参加チケットやご案内状の発送はしておりません。

・こちらはイベント参加ご予約ページのため、他商品と同時にカートに入れることができません。他商品をご購入のお客様は、お手数をおかけしますが、お会計を分けていただきますようお願いいたします。

商品在庫についての注意事項

こちらの商品は、各オンライン店舗間で在庫を共有しております。そのため、ご注文のタイミングによっては他店舗との売り違いで在庫がご用意できない場合がございます。予めご了承くださいませ。(その際は別途メールにてご連絡いたします。)

【4/29(土)】 よき生活研究所 グランドオープンイベント 参加ご予約ページ

¥5,500円