宮田織物

宮田織物

ひと織り、ひと針、愛情を込めて100年超

「見えないところに手を抜かない」という信念

大正2年、久留米絣(かすり)の里である福岡県筑後市で、産声を上げた宮田織物は、平成25年4月で創業百周年を迎えました。久留米絣から、わた入れ袢天(半纏・はんてん)、そして婦人服へと、時代により作るものは変わりましたが、宮田織物のものづくりへの真摯な思いは変わることはありませんでした。 1本の糸から選び抜き、何度も何度も試織を重ねる。そうして織り上げた布地「和木綿(わもめん)」を、着る人への思いを馳せながら、企画デザインし、一枚一枚心を尽くして縫い続けています。

宮田織物の経営理念は「一隅を照らす」。自分達の置かれた場所で、与えられた役目を精一杯果たしていくことです。小さな光が、やがて大きな光となるように、見えない所も決して手を抜かない誠実なものづくりをコツコツと続けることで、お客さまに喜ばれ、 地域社会に貢献していきたいと考えている会社です。

糸選び、織り、縫製。
一貫した自社生産。

宮田織物

手仕事の部分を大切にした生産体制

宮田織物

全て自社で縫製をかけています。

宮田織物

ひとつひとつ、丁寧にわた入れを行い手縫いで綴じます。

宮田織物が最も大切にしていること、それは、ものづくり。一本の糸を選ぶことから始め、デザイン、布地織り、縫製、わた入れまで、全て自社の一貫生産にこだわり続けています。だからこそ製品に自分たちの思いが宿るのではないかと考えています。伝統から学びつつ、新しい知識をも得ながら、オリジナルの製品を生み出す。この温故知新の姿勢も、伝統と進化をもち続ける宮田織物のものづくりを支えています。

筑後の伝統とプライドを受け継ぐ「はんてん」

わた入りはんてん 宮田織物

地元、筑後で生産し、地域に貢献する。

宮田織物は、筑後の地場産業の伝統工芸品、久留米絣の機屋(はたや)がその歴史のスタートです。なので、オリジナルの素材「和木綿(わもめん)」は、久留米絣がルーツなのです。宮田織物を育ててくれた筑後の地に、少しでも恩返しがしたい。さらに培われた伝統と高い技術を次の世代に伝えていきたい。その思いから、地元筑後での生産にこだわり続けています。宮田織物の『わた入りはんてん』はひとつひとつが手作りで綿詰めされています。羽織るとふんわりと暖かく、コート代わりにもお使いいただけます。

山並みロングポンチョ 宮田織物

山並みロングポンチョ 紺着(身長147cm)

淡雪ロングポンチョ 宮田織物

淡雪ロングポンチョ レンガ着(身長152cm)

山並みはんてん 宮田織物

山並み袢天(はんてん) グレー着(身長170cm)

淡雪ロングポンチョ 宮田織物

淡雪ロングポンチョ 紺着(身長170cm)

前面の左右にポケットが各1個ずつ付いています。