手ぬぐい 出目金 (demekin) あひろ屋

¥1,296円(税96円)

(残り9個)
購入数

日本の伝統的生活用品、あひろ屋の手ぬぐい。

日本の伝統的生活用品である手ぬぐいの他、 風呂敷や和小物を販売しているあひろ屋。あひろ屋で取り扱う商品のデザインは、伝統柄に学んだものや、そのときどきで心動かされたモチーフを表現したオリジナル。主張しすぎない、生活に馴染むデザインが特徴です。野口由(ノグチ ユキ)さんという女性が、図柄をすべて手描きで描き、デザイン、販売をされています。製作は職人さんに依頼し、注染にこだわった手ぬぐいが作られています。

注染について

主に手拭の染色に使われる伝統的な技法。型紙を載せた綿布の上から防染糊を置き、布を折りたたむ。染めたい部分のまわりに糊で土手を作ってから、その土手の内側に染料を注いで布を染める技法。染料は布の下側に抜けるため、布の芯まで染まり、裏表なく染まるのが特徴。

あひろ屋/手ぬぐい 鉄瓶 イメージ

生きているかのような出目金。

あひろ屋 手ぬぐい

あひろ屋の出目金柄の手ぬぐいです。金魚の頭の部分から尾の部分にかけて色がグラデーションになっています。涼しげなデザインは、暑い夏にぴったりです。

あひろ屋手ぬぐい

手ぬぐいは、 拭く、被る、巻く、包む、覆う、飾る、贈る 暮らしの中や、仕事のとき、様々な場面で使われてきました。また、その柄に特別な意味を込めたり(縁起のよい柄など) 季節を表したりしています。

ハンカチとして使ったり、台所で食器を拭いたり、お弁当を包んだり。すぐに乾くので、温泉に行くときや旅行のお供としても活躍します。少し手を加えてあづま袋を作ってエコバッグにしたり。(わざわざのパンを直接入れて、お持ち帰りになるお客様もいらっしゃいます。)ヘアアクセサリーや赤ちゃんのスタイなどの小物を作ったり、とアレンジしていただくのもおすすめです。使うほどに柔らかく、味が出てくる手ぬぐいは何枚持っていても重宝します。

左:使用5年経過、右:一度洗濯したもの。経年したものは素晴らしい柔らかさでガーゼのような肌触りです。

あひろ屋  手ぬぐい 出目金 (demekin)
色:赤、黒
生産地:日本
素材:綿100%(特岡)
サイズ:約35cm×約90cm
染め:注染

※レターパックで手ぬぐい8枚までお送りできます。

手ぬぐい 出目金 (demekin) あひろ屋

¥1,296円(税96円)