京屋染物店

京屋染物店
縁日

何気ない日常を、特別な縁日に。

最終更新日>2024/03/02
文責>ワタナベ 写真>若菜紘之


京屋染物店

京屋染物店の職人たちが伝統的な技術を取り入れながら一つひとつ丁寧に手作りする「縁日」。この土地に古くから続く伝統や文化を守りながらも現代の暮らしに馴染む「くらしを楽しむ」ための道具や衣服を作り続けています。

ブランドを手かげているのは、岩手県一関市で大正から続く老舗の染物屋、京屋染物店。数多くの伝統工芸品を生み出してきたこの土地で100年積み上げてきた経験値をもとに、デザインから染め、縫製まで一貫で行う全国でも数少ない染工場です。

毎日を心地よく、豊かに

京屋染物店

KAPPOGI

郷土芸能が残るこの土地で、古くからお祭りや伝統芸能の衣装製作を手かげてきた京屋染物店。ここでは祭りの日には世代を超えて地域のたくさんの人々が集まり、特別な日を楽しむという風習があります。

このように祭りや伝統芸能の衣装作りを通して、地域をはじめ家族や仲間、大切な人とのご縁を築いてきました。人の縁を繋ぐ道具や服作りを通して、多くの人々の日常を彩っていきたいという想いから、創業101年の節目に立ち上がったのが「縁日」です。

職人たちがこれまで積み上げてきた技術やノウハウを活かして丁寧に手作りした愛おしい道具や衣服たちで毎日を心地よく、豊かに過ごしてほしいという想いがこのブランドに込められています。