絶品おにぎらずの作り方

わしたポークで王道の味。

最終更新日>2021/9/2

レシピ>平田はる香
文責>鈴木誠史 写真>若菜紘之


わしたポークを使って「おにぎらず」を作ります。

おにぎらずとは、握らずに作るおにぎりのこと。数年前のブーム時に一度作って以来…という方もいらっしゃるかもしれません。全型の海苔を1枚まるまる使って、ご飯と具をたっぷり包めるためボリューム満点。材料さえ揃っていれば、時間をかけず作れるのも魅力です。

四角く出来上がるのでお弁当にもジャストフィット。わしたポークを包めば王道の味に仕上がります。わしたポークはマストですが、具材は色々とアレンジしてみてください。緑色の野菜もなんでも大丈夫。薄焼き卵を入れると黄色がきれいです。

[材料]
・ご飯
・わしたポーク
・海苔
・かつお節
・マヨネーズ
・(お好みで)薄焼き卵や緑の野菜

わしたポークって?

沖縄産の豚肉を使用し、鶏肉とばれいしょでんぷん、食塩、沖縄産黒糖、香辛料のみで作られた缶詰ランチョンミート。化学調味料、結着剤、発色剤は使われておりません。一般的なランチョンミートと比べて塩分控えめの味なので、様々な食材と合わせた調理がしやすいのも特徴です。

例えば卵とあわせた炒め物やチャーハン、焼きそばの具に。カリッと焼いて粒マスタードを添えるだけで簡単おつまみになってくれるなど、常備しておけば忙しい時にもさまざま活躍してくれるのがランチョンミートのいいところ。

実店舗でまとめて買っていくお客様が多いことから、オンラインストアでも12缶ケースの販売を始めました。8%引きでお求めいただけます。

1.醤油おかかを作っておく。

使うのはタイコウの花かつおに、イマイ醤油。お好みの分量を探ってみてください。

2.わしたポークをカリカリに焼く

パリッと焦げ目がつくくらいが理想的! 並行して、お好み具材の薄焼き卵や、茹で野菜を作っておきましょう。

カンカンに熱した鉄フライパンで焼けば、最高においしそうな焦げ目。

3.ラップに海苔を敷き、中心にご飯をのせる。

ご飯を少なめにすると見栄えがよくならず、多くすると海苔からはみ出てまた悪し。多めにしてから整えるべし!

4.具材をのせる

ご飯の上に、おかか→茹で野菜→わしたポーク→こしょう→マヨの順にのせました。その上にまたご飯をのせる。ご飯で具材をはさみ込む感じです。

5.ラップごと包む

ラップと海苔を一緒につまんで、中央に持ってくるようにして四角く形を整える。

6.カットして出来上がり!

包んだあと少し時間をおいて馴染ませたあと、ご飯と海苔がくっつかないよう濡らした包丁でカットすると綺麗な断面になりやすいです。ラップごと切る方法もあります。

わしたポークにオーガニック粒マスタードシークヮーサー胡椒を和えるのもいいですね。作り置きの常備菜なども添えれば、プレートランチのできあがりです。お試しあれ。


ごったくそうめん

焼きなすが主役のそうめんもぜひお試しを。